住宅ローン返済額を決めるシミュレーション

新築一戸建て住宅を建てる前に、やったことはお金に関するシミュレーションです。当たり前のことだと言えばそうでしょう。私たちが行った「新築一戸建てに関するお金のシミュレーション」は、住宅ローンの返済金額に関することです。住宅ローンの返済額を決めるためにも、「毎月どのぐらい余剰分が出るのか」を確かめたのです。余剰分のお金はもちろん、住宅ローンの返済金額に当てます。生活をカツカツに圧迫しない程度に、どのぐらいお金を余らせることができるのかーということが、住宅ローンの返済金額を決める上でとても大事なことでしょう。しかし、生活において何が起こるかわかりませんから、ボーナスは残しておきたいんです。そうなると、ボーナス月での増額払いをやめて、毎月の住宅ローン返済額をアップさせる方を選びます。そうなると、「どこまで住宅ローンの返済額を上げられるか」ということを知る必要があります。各務原で家を建てる住宅ローンの返済額を身を以てわかるために、私たちは新築一戸建てを建てる前に、分からないことは、わかったふりをするのではなく、しっかり聞くことが大切、そのうえで、お金に関するシミュレーションを身を以て体験したということです。住宅ローンによってお金を締めすぎないためにも、とても必要な体験でした。