内装に予算を多く配分した新築にしたい

私は大金を使って家造りをしても大丈夫なのか分からなかったです。かなり悩んだのですが最終的に一戸建てを建てる決断をしたことに後悔はなかったです。年を取って老人になってからも住む予定の家造りをする決断は簡単ではなかったです。もし家造りが失敗してしまったら使ったお金が全て無駄になってしまうような気がしました。ただ、財産として残る一戸建てがほしかったので、賃貸ではなくて一戸建てを建てたかったです。私は内装に予算を多く配分したかったので、外観を良くするための予算は少なくしました。また、私は凝った外観ではなくて一般的なデザインの外観の注文住宅に住みたかったです。外観は普通でも内装にしっかりこだわったデザインにすることが理想でした。私は一戸建てに住む人が満足できれば外観は気にしなくてもいいと考えていました。もし家族が外観を重視したい気持ちがあるのならば凝った外観にしようと決めていました。内装を重娘も大いに楽しんでくれたことは言うまでもありません。将来の夢はインテリアコーディネーターだそうです。視したいと家族に言ったのですが、反対意見は出なかったので問題はありませんでした。