家族と意見を出し合って内装を決めた新築

子供が少ないから部屋数が多くなくても不満はないと考えるのはよくないです。やはり将来的に家族が多くなる予定があるならば、部屋数は多めに造っておいた方がいいです。ただ、部屋数が増えすぎてしまうと掃除や部屋の模様替えが面倒になるのがデメリットなので、ちょうどいい部屋数にするべきです。家造りをしているときに部屋の広さなどについて家族の意見がきちんとまとまらなくてもめてしまうことはよくあります。私は家族の誰かが不満を感じてしまうことがないように冷静に話し合うことをこころがけました。家族と意見を出し合って内装を決めることは大事ですが、いつまでも決めることができない状態が続くと予定が大幅に遅れてしまうリスクがあります。家族全員の要望通りの一戸建てを完璧に建てることは困難です。予算にも限りがあるので内装などについて家族の誰かが我慢して家造りをすることになります。私は家造りに関して家族の意見が合わない時は多数決で決めました。

インテリアってほんとうにおもしろいです。そのときに、インスタグラムも大いにかつようしました。