シャワールームを浴室とは別に造った理由

家を建てた5年前わたしと夫は共働きでお互いにすごく忙しい毎日を送っていました。朝も早くて帰りは深夜になることも珍しくなく心もカラダもくたくたでした。

お互いにこんな状態だったのでとにかくカラダが休まる家が良いということで意見が一致。当時はのんびり入浴する時間がなかなか取れなかったので、浴室とは別にシャワールームを造ることにしました。

浴室の隣にあるシャワールームは朝時間がないときにとくに重宝します。たとえば髪が寝癖だらけだとか寝汗がひどい朝はシャワールームを使えば両手が使えるので、洗髪もカラダ洗いも時間短縮できるんですね。

浴室にシャワーがありますがこんな風に両手が使えないためシャワールームが大活躍しています。今は以前ほど忙しくなくなってゆとりのできました。でも今でも時間がもったいないときはシャワールームを使っています。

仕事柄夜勤も多く、家族とのじかんがずれてしまう人には本当にいいと思います。

日本人は入浴が好きで浴室にこだわりますが我が家は真逆。でも我が家はこれが正解でした。