銀行から一戸建てについて助言(お金)

バブル期のような好景気ではないですから、住宅ローンを提供する金融機関側も、なかなかシビアに依頼主を査定すると聞きます。依頼主の収入や職業からして、明らかに無謀な借入額をお願いしてくる人には、まず「総費用を下げるように」と、アドバイスをするのだとか。まあ、当然でしょうけれど。

しかし私としては、「無謀な借入額を申し出てくる人を門前払いにするのではないのだなー」と感心してしまうところです。金融機関側も依頼主とのおつきあいがあるので、無下に断ったりもしないようです。かといって、完済できなさそうな金額を依頼主に言われるまま貸すことなんてできません。

そこでどうするのかと言えば、一戸建て住宅を建てるにあたって作成される見積書を見せてもらうのだそうです。見積書もそうですが、住宅ローンをお願いする人ならば、ほぼ全ての人は銀行側に「どのような建物なのか金額共にわかる書類」を提出します。

そこで金融機関側は「ここをもっと下げれる」と助言するのだとか。主に住宅設備はもっと下げることができるので、その点を指摘し全体の借入額を減らすように促すということだそうで。ですから知人は「親だけでなく、銀行側にも査定してもらえてある意味助かる」ということです。金額的に無謀な家を建てようとしていたそうですから。

いまは、業者にもコンプアライアンスがしっかりされており、私のたんとうっしてもらった人は、そんな無理強いはしませんでした。