分不相応な価格の一戸建てを建てないように

新築一戸建てを建てる際には、分不相応にお高い家を建てないことです。すべては「ココ」にかかっていると言っても良いぐらいに思いますよ。新築一戸建てを建てる時は、年齢的な若さもあって「大丈夫!無理めな総費用だけどなんとかなる!」なんてことを思いがちです。

若い時って、将来に過度に期待して、そしてまた無謀な精神が未だ健在だったりしますから、とかく新築一戸建てについても冒険心で進んでしまいがちなのですよね。けれども、一生に一度ぐらいの大きなお買い物ですからね。とくに「お金」については、慎重に進めなくてはならないのです。

住宅ローンの返済で、生活を圧迫されてしまっては、せっかくのマイホームライフが台無しになってしまうというものです。とは言え今では金融機関側で、返済が無理そうな住宅ローンを申請する人に対して、建設費用を下げるように助言するなどしていると言います。銀行側も取りっぱぐれては困りますから、最初から無理な金額は貸さなくなっているということです。

でもつつましくても、工務店で建てれば、予算を圧縮しながらできると思っています。

ですから施主側が「住宅ローンでなんとかなる」なんて思わないように。無理めなお金で銀行側に門前払いされないためにも、分不相応な価格の家を建てないように。